メンズおしゃれな服装、そうでない服装ちがいはどこから?その差とは

街を歩いていてると、「すごく普通なのにおしゃれだな」と思う人がいませんか?

 

でも、自分とどこが違うのだろうかとふと疑問に思う方、いますよね。

 

デニムのパンツにTシャツ・・・

 

同じなはずなのに、なぜかおしゃれな人とそうでない人って分かれますよね!

 

そこで、今回はメンズファッションのおしゃれなコーディネートとそうでないコーディネートの差について紹介します。

 

おしゃれなコーディネート例

まず、おしゃれな人のコーディネートをいくつか紹介します!

 

 

20160313180714216_500

出展元:http://wear.jp/kuchan11/6458943/

 

黒いリブパンツにカーキのブルゾン、そして青いシャツを合わせるコーディネート。

 

カラーは3色でボトムスとシューズにベースカラーとなる黒を持ってくることで全体がまとまって見えますね。

 

 

20160424133704253_500

出展元:http://wear.jp/sasatoshi/6802825/

 

デニムonデニムのコーディネート。

 

シューズとパーカーの色がホワイトで統一。

 

デニムの色がジャケットとパンツで微妙に違いますが、青と白のコーディネートですね。

 

 

20160916084821473_500

出展元:http://wear.jp/yukio0330/7951943/

 

白シャツとデニムのコーディネートです。

 

カラーは2色で、トップスにベーシックカラーである白を使っていますね。

 

最近のメンズファッションに必須アイテムである白シャツは、1着あると便利です!

 

また、白シャツとデニムのコーディネートだけではダサいコーディネートになってしまいますが、このコーディネートにはアクセサリーもちゃんとつけているのでシンプルな上におしゃれなコーディネートと言えますね。

 

 

20160524164502982_500

出展元:http://wear.jp/reiga0415/7059758/

 

赤のチェックシャツと白のインナー、そして黒いスキニーパンツのコーディネート。

 

シューズはグレーなので、カラーは4色と他よりも多めですが、まとまっていますよね!

 

カラーが多いとまとまらない中途半端なコーディネートになってしまう人が多いですが、このコーディネートはとてもおしゃれですね。

 

おしゃれとは言えないコーディネートとは? チェックシャツ&デニム編

おしゃれなコーディネートを紹介しましたが、おしゃれとは言えないコーディネートとはどんなコーディネートのことだと思いますか?

 

 

おしゃれでないコーディネート例

%e5%b7%9d%e5%8f%a3%e3%81%8f%e3%82%93%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81    

出展元:https://www.bazzstore.com/unfashion-blog/archives/788       

 

おしゃれなコーディネート例

20160904142410110_500

出展元:http://wear.jp/moooooh/7854777/

 

どちらもチェックシャツを着用していますよね!

 

でも、着こなし方やパンツの種類など細かいところが違いますよね。

 

・インナーの有無(見えるor見えない)

 

・デニムの色

 

・デニムの長さ

 

 

インナーの有無(見えるor見えない)

20160514230811594_500

出展元:https://jooy.jp/60285

 

シャツのボタンをすべて止めるとしても、インナーがシャツの裾から見えたり、全部ではなく下のほうはボタンをはずし、インナーが見えるようにするといった工夫をすると、それだけでおしゃれ度が変わります!

 

 

デニムの色

 

141

出展元:http://www.jb-voice.co.jp/jackinthebox/2014/02/14/18984/

 

また、デニムの色も重要なです!

 

例のようなぼやけているチェックを選ぶのであればデニムの色は、濃い色を選んだ方がまとまって見えます。

 

 

デニムの長さ

ストレートのデニムを選ぶときは、必ず裾の長さを調節したほうがいいです。

 

裾は、クッションといって余っている部分を極力なくすことが重要です。

 

ピッタリの長さで履くことが、おしゃれにつながります。

 

<クッション(余っている部分のこと)が多い>

2-257x300

出展元:http://www.neqwsnet-japan.info/?p=3999

 

<クッション(余っている部分のこと)がない>

tasclapimage_1520

 

 

出展元:http://zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/9811665/?kid=13080

 

いかがですか?

 

ピッタリの長さで履いたほうがすっきりして見えますよね!

 

 

おしゃれとは言えないコーディネートとは?(短パン&靴下編)

おしゃれでないコーディネート例

cached-10

出展元:http://menslove.net/archives/442

 

おしゃれなコーディネート例

20160801072853733_500

出展元:http://wear.jp/daaaa32/7592422/

 

今回は、短パンについて紹介します。

 

短パン、日本人は特に難しいといわれています。

 

でも、それでもおしゃれに着こなしている人はいます!

 

どんな差があると思いますか?

 

明らかな点は「丈」

明らかに違いますよね!

 

ポイントは、膝です。

 

膝が見えるか見えないかくらいの丈にしておくことが重要です。

 

あまりに短いと、少年すぎてしまい大人向けのコーディネートではなくなってしまいます。

 

短パン×靴下は・・・

短パンと靴下のコーディネート、とっても注目されているファッションですよね。

 

 

9504c4a343f3e5ccd7f0a080cded5c1e

https://jooy.jp/33736

 

でも、高度な技と捉えるかダサイと捉えるか。

 

正直、その差は紙一重なのでオススメはしません。

 

そんなときは、スニーカーソックスやショートソックスとのコーディネートはオススメです!

 

062130519_01

出展元:https://tabio.com/jp/detail/062130519/

 

 

large_542414_4

出展元:http://mendy.jp/articles/view/542414

 

ファッションアイテムを選ぶとき・・・

「おしゃれでないコーディネート例」と「おしゃれなコーディネート例」を2例紹介しました。

 

おしゃれな人とそうでない人の「差」は実はわずかな少しのズレた点です。

 

比べると確かに・・・と思うところがあると思います。

 

ただ、もっとちゃんとファッションアイテムを選ぶことで、実はおしゃれに見せることはできます!

 

ただ単におしゃれな人のコーディネートをマネするだけでは、ちゃんとしたおしゃれさんとは言えないのです。

 

ということで、ファッションアイテムを選ぶときのポイントを紹介します。

 

・サイズ

 

・カラー

 

・柄

 

・素材

 

 

サイズ

みなさんは、自分のサイズがいくつなのかご存知ですか?

 

実は意外と気にしていない人が多いんですよ。

 

「いつもMだからMで」

 

「いつもLだからLしか見ない・・・」

 

 

%ef%bd%82%ef%bd%82

出展元:http://honyakusitem.blogspot.jp/2013/01/blog-post_639.html

 

ブランドやメーカーによって、サイズは少しずつ違うので、必ず自分にピッタリのサイズかどうか確認することをオススメします。

 

カラー

色はとっても重要です!!

 

基本的には、3色くらいでまとめることをオススメします。

 

color-theory-0025

出展元:https://tokila.jp/how-to-coordinate-colors

 

基本となるベースカラーは、最初は無彩色と呼ばれるカラーがおすすめです。

 

800px-gray_scale-300x225-1

出展元:http://www.fashionsnap.com/the-posts/2014-11-19/code-2/

 

白やグレー、黒ですね!(時にネイビーや茶も含まれることがあります)

 

これらの色は、基本的にいろいろな色と相性がいいので、ボトムスにこういった色を持ってくるコーディネートがオススメです。

 

基本は、「無彩色2色+彩色」という組み合わせがいいです。

 

20160922222040567_500

出展元:http://wear.jp/ryosuke9/8000239/

 

これは、「無彩色(黒と白)+青」

 

どうですか?

 

少し慣れたら、「無彩色×1+彩色×2」というコーディネートにチャレンジしてみてくださいね。

 

20160921122201584_500

出展元:http://wear.jp/rbstaff321/7993752/

 

「無彩色(黒)+彩色(緑と茶)」

 

最近のファッションは、とにかくシンプルが一番!

 

特に、白シャツに代表されるように無地のものがとても選ばれています。

 

柄物は、自分にあっているかどうか難しいので、柄物を選ぶ際はちゃんと試着してみて自分に合っているのか見極めることが大事です。

 

y523-1960-1

出展元:http://mensdrip.com/fashion/ng-fashion-item22

 

やたら意味がわからない英語がたくさん入っている柄などはオススメできません。

 

素材

20140528linen7

出展元:http://domebra.com/malinenshirts1/

 

例えば、リネンシャツ。

 

リネンシャツは、さらさらとした肌触りで夏に向いている素材です。

 

ですので、リネンのシャツを秋や冬に夏の素材アイテムはNGです。

 

ニット素材も、いくら夏にニットがおしゃれと言われても、冬用のニット素材アイテムはNG。

 

季節と素材は、ちゃんと考えてみましょう。

 

~まとめ~

いかがでしたか?

 

おしゃれなコーディネートとそうでないコーディネートの差というテーマでしたが、パンツの細さだったり、クッションだったり、カラーだったり、丈だったり、少しの差でだいぶ変わってしまいますね。

 

そんなときは、自分に似合っているか確認してからアイテム探しをするといいと思います。

みなさんの”素敵なライフスタイル実現”のための参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事