スポーツシーンでもキメていきたいメンズファッション

まだまだ残暑が厳しいですが、秋が近づいてきましたね!

 

秋といえば、食欲の秋や読書の秋など、色々言われていますよね。

 

そんな秋ですが、10月10日が体育の日だということもあり、スポーツの秋ともいわれますね。

 

お子さんの運動会に参加する方もいらっしゃるかも知れません。

 

秋からウォーキングやランニングを始める人もいるかもしれません。

 

今回は、スポーツシーンでもおしゃれにキメていきたい、そんな方のためのメンズファッションについて紹介します。

 

スポーツファッション ブランド別

みなさんはどんなスポーツに取り組んでいますか?

 

ジムに行く、ウォーキング、ランニング・・・

 

せっかくだからおしゃれしたいという方、実は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

 

そこで、まずスポーツファッションのブランドをいくつか紹介します!

 

・Nike(ナイキ)

 

・Adidas(アディダス)

 

・PUMA(プーマ)

 

・Champion(チャンピオン)

 

・UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

 

Nike(ナイキ)

22d8f5b3-ce51-4836-9a57-fba94a456fbf

 

出展元:http://www.nationofchange.org/2015/05/07/why-nike-is-the-problem-not-the-solution/

 

1968年にアメリカで設立された世界的有名なスポーツブランドです。

 

Nikeというブランド名は、社員がギリシャ神話の勝利の女神である「ニーケー (Nike)」を夢でみたことに由来しています。

 

また、ナイキのマークもニーケーの翼をイメージして作られています。

 

AS-M-NSW-TCH-FLC-WR-AOP-835867_021_A

出展元:http://store.nike.com/jp/ja_jp/pw/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2/1mdZ7pu?ipp=120

 

AS-M-NK-AIR-JGGR-802632_010_A_PREM

 

http://store.nike.com/jp/ja_jp/pw/%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA-%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A2/1mdZ7pu?ipp=120

 

 

ナイキといえば、シューズのイメージがとても強いですが、スポーツウエアーも多数あり男女問わずスタイリッシュなデザインが支持されています。

 

 

Adidas(アディダス)

 

Adidas_Logo.svg

出展元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%80%E3%82%B9

 

1920年にダスラー兄弟が靴製造会社「ダスラー兄弟商会」を設立したが、意見の対立から1948年に弟のアドルフが設立したのがアディダスの始まりです。

 

ちなみに、兄ルドルフはRUDA社(のちのプーマ)を設立しました。

 

兄弟そろって、世界に愛されるブランドの設立をしているというのは、とても興味深いですよね。

 

アディダスといえば、靴製造会社から始まっているので当然シューズはとても有名です。

 

とくに、スタンスミスは今もなおとても人気が高いシューズとなっています。

 

そんなアディダスも、スポーツウェアを多く取り扱っており男女問わず人気です。

 

 

 

 

s-AB7591-01

出展元:http://shop.adidas.jp/pc/item/detail.cgi?brand_code=110&itemCd=110_AB7591&itemGrcd=110_ACC84&itemDir1=15FW

 

s-AX6072-02

 

出展元:http://shop.adidas.jp/pc/item/detail.cgi?brand_code=110&itemCd=110_AX6072&itemGrcd=110_BKI53&itemDir1=16FW

 

 

PUMA(プーマ)

 

puma_logo

出展元:http://www.karuizawa-psp.jp/page/shopguide/detail/?id=85

 

Adidasを設立したアドルフの兄であるルドルフが設立したのがこのプーマです!

 

もともとはRUDAでしたが、すぐに「プーマ・シューファブリック・ルドルフ・ダスラー」という社名に変更。

 

ウサイン・ボルトが履いていることで有名なプーマですが、ファッションアイテムもあります。

 

 

Champion(チャンピオン)

1919年にエイブ&ウィリアム・フェインブルーム兄弟がニューヨークでニット製品の卸販売を開始したことから始まったチャンピオン。

 

その後、セーターの製造販売を行うようになり、高品質が認められスウェットシャツのオーダーを受け、その後米軍の訓練用ウェアや大学生アスリートたちが好んで着るようになりました。

 

特に大学生アスリートが着ていたチャンピオンのスウェットは、ファッションアイテムとしてとても注目され、若者たちの間でトレンドのアイテムとなっていきました。

 

現在でも、チャンピオンのスウェットは人気が高いですよね。

 

 

c3-h202-326-l

出展元:http://www.hanesbrandsinc.jp/champion/g/gC3-H202-326-M/

 

c3-js112-370-l

出展元:http://www.hanesbrandsinc.jp/champion/g/gC3-JS112-370-M/

 

UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)

 

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

出展元:https://en.wikipedia.org/wiki/Under_Armour

 

1996年、アメリカンフットボール選手だったケビン・プランクによって設立されたスポーツ用品メーカーです。

 

ケビン・プランクが自らの経験を生かして制作したコットンTシャツに代わる機能性が高いウェアを開発しました。

 

まだまだ歴史は浅いものの、世界的に有名なブランドに成長しています。

 

 

V5-1281292-410_HTS.eps

出展元:http://www.domeshoppingzone.com/underarmour/ITEM/UMBK365201CTSM?cmId=209424

 

 

umbk39770141

出展元:http://www.domeshoppingzone.com/underarmour/ITEM/UMBK39770141SM?cmId=209455

 

実際にコーディネートしてみましょう

スポーツシーンでもおしゃれなコーディネートしたですよね!

 

そこで、おしゃれなコーディネート例を紹介します!

 

 

ベースカラーでまとめる

 

6bf93c5d17c0f058f842aad84d324037

出展元:https://jooy.jp/37185

 

グレーと黒のベースカラーでまとめたコーディネートです。

 

このように、ベーシックなカラーでまとめると、とてもスマートですよね!

 

このようなコーディネートは、とてもマネしやすいのでオススメです!!

 

 

カラー×ベースカラー

111101

出展元:http://matome.naver.jp/odai/2133899407034968801

 

ベーシックカラーだけだとなんだか物足りない・・・

 

そんな方にはぜひ一つカラーを決めて、ベーシックカラーと合わせるととてもおしゃれになります!

 

このコーディネートは、シューズの色とトップスのカラーを合わせています。

 

間に黒が入ることで、見た目がとてもスッキリしています。

 

また、スパッツとショートパンツのコーディネートはとてもオススメです!

 

そのコーディネートだけでアスリートに見えます!

 

 

カラー×カラー×アクセントカラー

 

20141118230521139_500

出展元:https://jooy.jp/34002

 

おしゃれ上級者ともなるとこういったコーディネートがとてもオススメです!

 

セットアップで売っていることもありますが、たいてい難しいコーディネートになります。

 

こちらのように、同系色で上下合わせ、シューズにアクセントカラーを持ってくるのがとてもおしゃれです!

 

スパッツ×ショートパンツも、ショートパンツの丈やデザインによっては足が短く見えてしまうので、選ぶときは丈とデザインが自分に合っているか確認することが大事です。

 

 

mig

出展元:http://matome.naver.jp/odai/2133899407034968801?&page=3

 

セットアップのコーディネートです!

 

とても難しいのですが、このコーディネートのように法則を守ると意外と簡単かもしれません。

 

ウェアーとパンツがセットアップなので、インナーのカラー選びですよね!

 

よく見ると、シューズの紐とTシャツのカラー、一緒ですよね。

 

カラーを合わせることで、セットアップのコーディネートもしやすくなります。

 

~まとめ~

いかがでしたか?

 

近年、健康志向の傾向もあり、ランニングやウォーキングを行う人やジムに通う人が増えてましたね。

 

ウエアーを新しくするだけで、やる気がでたりするものです。

 

ウェアーコーディネート、ぜひチャレンジしてみてください。

 

みなさんの”素敵なライフスタイル実現”のための参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事