スタイリストが稼げない理由

スタイリストが稼げないって本当でしょうか?

スタイリストと言えば、華やかな芸能界やファッション業界の中で、給料もいいと思う方も多いと思います。それなので、稼げないというイメージを持つ人は少ないのではないでしょうか。でもスタイリストは、稼げないこともあるようです。ここでは、スタイリストがなぜ稼げないか、その稼げない理由を見ていきたいと思います。

 

仕事内容がとてもハードである。

①まずはアシスタントから

 

スタイリストスタイリストになろうと思っても、いきなりスタイリストになれるわけではありません。まず、スタイリストのアシスタントになることが大事です。初めは、荷物を運んだりと下働きから始めます。もしとても気が利いて、センスの良い人なら、独立することも夢ではないでしょう。

 

いずれにせよ、アシスタントの時は、他にアルバイトをしないと食べていけないでしょう。アシスタントの時期は、収入がゼロということもあるからです。休みもほとんどなく、夢のために最後まで諦めない、バイタリティーのある人が向いているでしょう。

出展元

 

やりがいがある分、厳しさもある

②アシスタントから、スタイリストへ

スタイリストもし、ファッションが好きな人なら、スタイリストは天職に違いありません。タレントやモデルさん、視聴者から、自分がスタイリングしたものが、喜ばれるという醍醐味も味わえます。

 

ただ有名なスタイリストでも、仕事の出来によって、次の仕事がなくなるという厳しさもあります。朝がとても早い、深夜になるなど働く時間も、不規則です。企業や事務所などのスタイリストの平均年収は、約200万円から500万といわれています。フリーランスだと、不安定な場合が多いようです。

出展元

kireca.com

 

スタイリストは確かに、収入が不安定なこともあるかもしれません。しかし、人々に夢を与える、やりがいのある仕事であることも事実です。もし、スタイリストになりたいと気持ちが強いならば、その夢に向かって、真剣に頑張ってみることも悪くないかもしれません。

 

みなさんの”素敵なライフスタイルの実現”のための参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事